7月の梅雨@Napi Auto Camping Base



 


空梅雨気味の7月2日に、
 今年のGWにオープンしたキャンプ場、
 Napi Auto Camping Baseに行って来ました。


土曜日の朝、関越の渋滞予想が出ていたので、
 朝早めに出発。
 渋川・伊香保で関越を降りて、
 県道35号線で中之条まで。
 

ベイシアで買い物を済ませて
 アーリーチェックイン出来るか問い合わせてみると、
 「重機の音はしますけど、それで良ければ全然だいじょうぶですよ~」
 との事なので、
 さっそくキャンプ場に向かいます。


「道がわかりにくいので、迷ったら連絡ください」
 って言って頂いたのですが、
 事前にホームページとグーグルマップで
 調べておいたので、
 取り敢えず向かって見ます。

 


曲がり角の目印を無事発見、
 先に進みます。
 どんどん進むと、
 どんどん道が細くなって、
 こんな道になります。

 




 


「ま、間違ってないよな~(・_・;)」
 と思った頃、

 




 


キャンプ場の入口到着です。

こんな素敵な受付でチェックインです。

 




 


今回は、予約の時にCサイトをお願いしていたので、
 サイトを教えていただいて、
 さっそく設営開始。

 




 


コクーンはギリギリ大丈夫な感じでした。

 


レイアウトは、今回もインナーを吊って
 エアーマットにします。
 ちょっとバージョンアップ。

 




 


エアーマットにカバー(シーツ?)をかけてみました。

 


自作の棚もこんな感じでセッティング。

 




 


(う~ん、相変わらずセンス無いなぁ。生活感丸出し~)

 




 


 


 



 さて、キャンプ場のレポートなど。

 


このキャンプ場は、
 キャンパーでもあるオーナーご夫妻が、

10年かけて手作りで作ったキャンプ場とのことです。

 


現在はA/B/Cの3サイト。
 将来は5サイトまで増やす予定だそうです。

 


特筆すべきは、各サイトが30メーター以上離れて設置してあること。
 プライベート感は抜群です。

 


 


入口を入ると右側にオーナー自作の管理棟があります。
 夜間もオーナーが常駐ですので、とても安心感があります。

 




 


サイトの中央にトイレと炊事場(これもオーナーの自作!)。

 




 


トイレも水洗、洋式、暖房便座でとてもキレイです。

 




 


ゴミも分別して捨てられます。

 




 


そして、なんと、現在は薪無料です!

斧もナタも自由に使えるようになってます!

 




 


 


場内のPICなど。

 




 




 




 




 




 




 




オープンしたばかりのキャンプ場ですが、 オーナーご夫妻の”キャンプ感”が 施設やサイトに現れていて、 とても居心地の良いキャンプ場です。   また、オーナーご夫妻が、 音楽にもご理解があり、 状況次第では楽器演奏も可とのことなので、 可能性は広がります。 (気の合う仲間と小さなアコースティック音楽フェスとかやってみたいです)   夜はオーナーがホタルを見せに連れて行ってくださり、 久しぶりに田んぼの上を自由に飛び回る ホタルを見て、 心のなかにある原風景を思い出した夜でした。   朝起きると、うちのコクーンの中で セミ(ひぐらし?ミンミンゼミ?)が 2匹羽化してました!

スポンサーリンク
336x280
336x280

フォローする

スポンサーリンク
336x280

コメント

  1. r_island より:

    よさげなキャンプ場ですね!
    設備も揃ってるし、価格もリーズナブルだし。
    しかも、薪が無料!!
    メジャーになる前に行っとく価値がありそうですね。

  2. papapapa13 より:

    r_islandさん、コメントありがとうございます。
    知名度が上がっちゃうとなかなか予約が取れなくなると思いますので、今がチャンスかと。
    居心地の良いキャンプ場でしたよ~。